香川周辺の選挙について

香川周辺の選挙区は四国ブロックとして存在していて、県内では第1区から第3区までの3つに分けられています。

第1区には高松市や小豆郡などが含まれていて、第2区には坂出市やさぬき市などが含まれています。

第3区には丸亀市や三豊市などがあり、県内の中央に1区を置き、その東側が2区、一番西に3区があります。

有権者の数は82万人程度となっていて、現在では自由民主党が議席を確保している状態です。

一票の格差としては鳥取と比較して1.72倍となっていて、2倍以内にとどまっていることから問題視はされていません。

この地域の定数は2となっていて、2007年に民主党が議席を獲得していますが、その後は自民党が議席を奪取しています。

基本的にはこの地域においては自由民主党が優勢で、過去歴代の当選者を見ても8割は自民党となっています。

人口の減少が問題となっている地域なので、地域振興や工場の誘致などに関して積極的な政策を望む声が多くあります。